インストラクター紹介
NORIKO

NORIKO

愛犬:ゆめ(トイプードル)
日本ドッグヨーガ普及協会代表
神奈川県横浜市

Instagram
ホームページ

大切なパートナーと素敵な1日のスタートをきるために、 少し早起きをして、体を心地よく伸ばし、呼吸を深めて朝の新鮮なエネルギーをたくさんチャージし、瞑想しながら心で繋がっていきましょう。
呼吸と瞑想が中心のレッスンです。

SARAH

SARAH

愛犬:shin(ミニチュアダックス)
ナチュラルムーブメント福岡主宰
福岡県福岡市

ホームページ
Facebook

2 頭の愛犬(柴犬と М ダックス)と2羽の小鳥(ジャンボセキセインコと小桜インコ)と毎日賑やかに暮らしているインストラクターの SARAH です。
子どもの頃から動物が大好き。いつもペットである動物たちに囲まれて育ち、大人になってもその環境だけは変わりません。
ドッグヨガのキッカケはいつも留守番の愛犬(当時はバーニーズマウンテンドッグ)と一緒にできる仕事があればと思って見つけたアメリカのドッグヨガ。
結局その子とは一緒にドッグヨガを行わないまま見送りました。

その後来た子バーニーズや柴犬とはタイミングも合わず、ショップで売れ残っていた М ダックスの shinとコンビを組んで、ようやくドッグヨガをスタートさせることが出来ました。
その後やってきて一足先に旅立ったトイプードルも最後まで一緒にレッスンを行っていました。
子どもの頃から沢山の子たちと出会い、生活を共にし、見送ってきました。そんな私にとってドッグヨガの時間は、彼らとの繋がりを更に強くするだけでなく、日常では得られない彼らを感じる濃厚で特別な時間です。宙へ還って行った子たちといつも繋がりを感じられるのは、ドッグヨガを行っているからかもしれません。
元々30 年以上健康にかかわる運動の指導に携わり、日常生活が楽になり QOL を向上させる、心と身体の健康「健幸力」をアップさせる指導を第一に考えています。
ドッグヨガではペットとの絆を更に深め、楽しみながら愛いっぱいの幸せな時間を、共に過ごしていただける指導を心がけています。

hiroko

hiroko

愛犬:ビビ(ジャックラッセルテリア)
「Natural Beauty Oasis VINEGAR」主宰
福岡県福岡市

ホームページ

私自身は犬と一緒にアジリティ競技やドッグダンスなどをしていますが、ドッグヨガを体験した時はそのどれとも違う新しい感動がありました。 いつもと違うパートナーの感じ方、体温や鼓動やなど、一体化するような感覚があり、よりいっそう愛おしさを感じたのです。
2010年にドッグヨガを体験すると、その魅力に感銘をうけて、2011年に大沼則子主宰ドッグヨーガ普及協会のドッグヨガインストラクター養成講座を受講。 ライセンスを取得後、ドッグヨガのレッスンも行うようになりました。
飼い主さんと愛犬ちゃんのお互いの絆を深める手段のひとつにドッグヨーガがあるといいな、と思います。

Satomi

Satomi

愛犬:チャコ 雑種 (2021.4.22 虹の橋へ)
神奈川、葉山
ホームページ

殺処分される犬猫の存在を知り、ご縁が有り迎えたチャコ。大人しくていい子で、何か彼女の特性を生かせて、ずっとできるものは無いかと思っていたところに、犬と一緒にヨガができると知り、体験会へ参加しました。

協会代表の大沼先生が保護団体での経験をもとに考案されたこともあり、人と犬との命のつながりにあたたかさを感じて、ドッグヨガインストラクターになりました。

愛犬にたっぷりと意識を向けられるドッグヨガの時間が、ヨガ以外の時間も充実させることができるように願いながら、レッスンをしています。

山本リリー

山本リリー

愛犬:福ちゃん(トイプードル)
兵庫県 西宮・宝塚・尼崎

ブログ
Facebook
Instagram

2011年11月11日生まれのトイプードルの女の子・福ちゃんと、宝塚の街を拠点に活動しています。
シニア犬や高齢の方、運動が苦手な方にも気軽に楽しんでいただける、心とカラダに優しいヨガです。
健康やしつけの悩み、ペットロスの辛さなど、共に分かち合える温かな雰囲気のドッグヨガサロンを目指しています。

宝塚市は歌劇で有名な街ですが、「介助犬・シンシアの街」としても知られています。
車いす生活をおくる飼い主さんをサポートし、身体障害者補助犬法の成立にも貢献したシンシア。
JR宝塚駅にはシンシアの銅像があります。
「福ちゃんのドッグヨガ」は、補助犬(介助犬・盲導犬・聴導犬)活動を応援します。